元メッツ監督が出馬スタンフォード市長選<コネティカット>

元ニューヨークメッツの監督で、2000年にチームをワールドシリーズに導いたボビー・バレンタイン氏がコネティカット州スタンフォードの市長選に出馬する。先月26日付FOXニューヨークが伝えた。GQマガジンのインタビューに、「変化は人々が最も嫌うものだが、良い変化には適応できるものだ」と語った71歳のバレンタイン氏は、無所属で立候補する。7月のツイッター投稿で、市長としての当初の優先事項として、中小企業への支援強化、公立学校の支持、人口増加に対応した暮らしやすい地域づくり、市のサービスへのアクセス向上をあげている。選挙は11月2日に行われる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。