全米オープンテニス初日の入場が長蛇の列<クイーンズ>

全米オープンテニスが先月30日、クイーンズ区フラッシングメドウズで開幕し、初日の入場は最長で2時間待ちとなった。同日付ニューヨークポストが伝えた。パンデミック以来、収容率100%で開催する初のテニス大会だが、全米テニス協会は開幕数日前に規制を強め、ワクチン接種者のみ入場を認める方針に変更した。ワクチン接種カードの確認と金属探知ゲートの順番を待つ長蛇の列に、試合を見逃すファンも出た。同協会は手荷物検査に時間がかかったとし、「今後入場を早められるよう改善する。ワクチン証明の確認はスムーズで時間的な妨げにはなっていない」と述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。