FDAが正式承認ファイザー製ワクチン<マンハッタン>

FDA(食品医薬品局)は23日、マンハッタン区ミッドタウンに本社を置く製薬大手ファイザーとドイツのビオンテックが開発したワクチンの16歳以上への使用を正式承認した。同日付amニューヨークが伝えた。正式承認は国内で使用されている3種の新型コロナウイルスワクチンでは初となる。22日付データでは、昨年12月の緊急承認以降、米国内では2億400万人以上がファイザー製ワクチンを接種しており、現時点では約51%のアメリカ人が2回の接種を完了している。デルタ株が拡大する中、当局は正式承認により、未接種の国民のワクチンへの懸念を払拭し、接種率の向上を目指す。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。