熱帯産のコウノトリゴミを食べた後に死亡<スタテンアイランド>

熱帯・亜熱帯地方に生息するコウノトリ科のトキコウが、スタテンアイランド区で発見されてから10日後に死亡した。18日付FOX5ニューヨークが伝えた。この若いトキコウは7月31日に、同区にあるアマゾン社の倉庫近くの塩水湿地帯で最初に目撃された。解剖の結果、胃の中からは1メートル以上の大きさの断熱材が見つかった。このトキコウは全米では唯一の種で、1984年に国の絶滅危惧種に指定された後、2014年に危機種に変更された。通常、フロリダやジョージアなど南部州で見られ、希少鳥類データベースによれば、同区で最後に目撃されたのは1973年だった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。

Vol. 1155

知って得する! NYの物件事情

ポストコロナの今、ニューヨークで生活をしていると、インフレの影響もあって物価の高騰を実感せざる得ないだろう。もちろん不動産の価格も上がり続けている。物件探しのコツをつかんで、いい住まいを早めに押さえよう!