地元兵士の名を付け新フェリーが到着<スタテンアイランド>

スタテンアイランド区出身で、2013年にアフガニスタン従軍中に戦死したマイケル・オリス軍曹の名を取って命名されたフェリーが14日、ニューヨーク湾を航行した。15日付NBCニューヨークが伝えた。造船所のハリケーン被害やパンデミックの影響で18年の予定から3年遅れの到着となった。この真新しいスタテンアイランドフェリーは、3隻ある「オリスクラス」フェリーのうちの1隻で、乗客が歩行トラックとして利用できる上甲板のプロムナードや、携帯電話の充電のコンセントも装備している。清掃と試行運行を終えた後、秋から運行を開始する。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。