州議会、方針を一転知事の調査を継続<オールバニ>

辞任表明をしたニューヨーク州のアンドリュー・クオモ州知事のセクハラ問題で、カール・ヒースティー州下院議員長とチャールズ・ラビン司法委員長は16日、司法委員会は同知事への調査を継続し、報告書を出すと声明を出した。同日付CBSニューヨークが伝えた。州議会は13日、離職する知事に弾劾や罷免を認める権限がないことを理由に弾劾調査停止を発表。これを受け「議会は汚職、セクハラ、報復を容認できる」と述べたシャーロット・ベネットさんら被害者や議員の抗議で、州議会は方向転換を余儀なくされた。報告書は州と連邦検察官に送られて公表される。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。