大麻ビジネスに懸念州半数以上の市や町<ニュージャージー>

娯楽用大麻が合法化しているニュージャージー州で、ユニオンシティー、ノースコールドウェル市を含む、州の半分以上にあたる市や町が、現時点で大麻ビジネスを行わない選択をしている。13日付FOXニューヨークが伝えた。州が規制を作り上げていないことへの不安、ビジネスの場が教会、学校、住宅地近辺に置かれることへの懸念が原因とされる。一方、ニューアーク、ジャージーシティーなどと同じく、事業に前向きなホーボーケン市のラビィ・バーラ市長は、「地域の現状を把握しており、住民も受容的だ」として今秋から来年早々に開業が可能だと述べた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。