前線で戦う看護師バービー人形モデルに<スタテンアイランド>

スタテンアイランド区在住の看護師、エイミー・オサリバンさんが世界に一つのバービー人形のモデルになった。4日付CBSニューヨークが伝えた。マテル社は、パンデミック中に世界で活躍した、オサリバンさんを含む実在の医療従事者を模したバービー人形6体を製作。オサリバンさんは、ブルックリン区のワイコフハイツ・メディカルセンター緊急救命室に勤め、市内初の新型コロナ患者に対応。自身も感染し重症となったが、回復後すぐに仕事に戻った。これらの人形は非売品だが、同社はターゲットで販売された医療従事者の人形1体につき、5ドルを慈善団体に寄付すると述べている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。