故ギンズバーグ氏敬意を表して病院名に<ブルックリン>

NYCヘルスアンドホスピタルズは先月30日、ブルックリン区フラットブッシュで生まれ育った故ルース・ベイダー・ギンズバーグ連邦最高裁判所判事の名を同区の公立病院に付けると発表した。31日付NY1が伝えた。11階建ての新しい施設はサウスブルックリン病院に改名されたコニーアイランド病院の敷地の一部になる。現在、連邦緊急事態管理庁の資金を受け、ハリケーン・サンディで被害を受けた部分のリノベーションが行われている。緊急病棟を高い位置に設置し、最新の特別治療室と防水壁も備えた病院は、来年夏に開院する予定だ。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1170

秋はみんなでサイクリング!

秋も深まってきた今日この頃。風を感じながら気持ち良くサイクリングするのはいかが? 今号は、知れば乗りたくなるニューヨークならではの自転車の楽しみ方を紹介する。

Vol. 1169

美食の秋 ニューヨークのワイナリーを巡ろう!

カリフォルニアに代表されるアメリカのワインだが、ニューヨークにも多くのワイナリーがあるのをご存じだろうか? この季節、市内からも週末旅行で楽しめるワイナリー巡りもおすすめだ。

Vol. 1168

みんな一緒に新学期

9月から始まる新学期。新型コロナウイルスによる学校閉鎖、リモート教育などを経た今、ダイバーシティー教育も推し進められてきている。新学期に向け、そんなニューヨークの学校の今を見てみよう。

Vol. 1167

フライフィッシング入門

アップステートNYは、米国フライフィッシング発祥の地。今週は、その魅力とフライフィッシングに最適なニューヨーク近郊のスポットを紹介する。