ビーチに複数のサメ一時遊泳禁止に<ロングアイランド>

先月28日、ロングアイランドのビーチでサメが目撃され、ナッソー郡ヘムステッド町は安全措置を取り、町の全てのビーチを一時遊泳禁止にした。同日付CBSニューヨークが伝えた。同町のドン・クラビン管理官によると、リドビーチで2匹、ロングビーチで3匹のサメがライフガードに発見され、海水浴客は直ちに海から上がるよう指示された。遊泳禁止はおよそ2時間後に解除されたが、パトロールチームが陸からの監視を続けた。目撃されたサメはこの海域では珍しいカリブ海に住む種と確認され、専門家は気象の変化で水温が上がり北上して来たと見ている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。