アッパーイーストに巨大なシンクホール 数日前にもアッパーウェストに出現<マンハッタン>

15日午前9時頃、マンハッタン区アッパーイーストサイドの東89ストリートのヨークアベニューとイーストエンドアベニューの間に、巨大なシンクホール(陥没穴)が出現し、近隣住民を驚かせた。同日付パッチが伝えた。市の危機管理局によると、穴の深さは20フィート、直径は15フィートほどもあり、2つの建物で断水が起きた。シンクホールは数日前にもアッパーウェストサイドにできていた。環境保護局は2019〜20年に比べ、道路陥没は市全体で18%減少していると話すが、立て続けの出来事に、市のインフラに対する懸念が出ている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。