スタテンアイランドの競泳選手 ドミニカ共和国代表でオリンピックへ<スタテンアイランド>

スタテンアイランド区で生まれ育ったクリスタル・ラーラさんは、小学校の卒業アルバムに書いた夢を叶え、23日に開幕する東京オリンピックに父の母国、ドミニカ共和国の競泳選手として出場することになった。7日付NY1が伝えた。23歳のクリスタルさんは6歳で水泳を始めると頭角を現し、ノースウエスタン大学の水泳チームに奨学金全支給で受け入れられた。オリンピックでは、自らのルーツを認識して誇りを持つドミニカ共和国を代表して、背泳ぎ100メートルと200メートルで世界に挑む。「ベストを尽くし悔いのないようにしたい」と語った。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。