ジャビッツセンターのワクチン会場が閉鎖 感染の落ち着きを節目に<マンハッタン>

ニューヨーク州のワクチン展開に合わせて設置されたジェイコブ・ジャビッツ・コンベンション・センターの大型接種会場が9日、半年に及ぶその役割を終え閉鎖された。7日付パッチが伝えた。同州知事室によると、同会場では州内のどこよりも多い64万8000人を超えるニューヨーカーに接種を行ってきた。今後は規模を縮小し、ワクチンが必要な地域に焦点を絞る方向へシフトするため、ロングアイランドのサフォーク・カウンティ・コミュニティー・カレッジ、州北部のニューヨーク州立大学アルスター校内の2つの大型会場も同日共に閉鎖となった。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。