クイーンズの看護師を大統領が表彰 パレードのグランドマーシャルにも抜擢<クイーンズ>

昨年12月に新型コロナワクチンを国内で初めて接種したサンドラ・リンゼイさんが2日、優れた功績を残した帰化市民に与えられる「アウトスタンディング・アメリカン・バイ・チョイス」として、バイデン大統領に表彰された。同日付amニューヨークが伝えた。ジャマイカ出身のリンゼイさんは1986年に18歳で来米。現在、クイーンズのロングアイランド・ジューイッシュ医療センター集中治療室の看護師長を務める。同日、デブラシオ市長はリンゼイさんが、7日開催の「ホームタウン・ヒーロー・パレード」のグランドマーシャルを務めると発表した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。