アジア系への憎悪犯罪対策にホイッスル 中華街で老人を中心に100個以上配布<マンハッタン>

パンデミック以来、アジア系住民への暴力事件が急増したことを背景に先月24日、アジア地域団体が中華街のシニアセンターで黄色いホイッスルを100個以上配布した。同日付PIX11が伝えた。希望と春の水仙を象徴する黄色いホイッスルには、“We Belong”の文字を印刷した。危険な状況で吹いて助けを呼べるよう、すでに全米で25万個以上が配られている。同地域団体の設立者は、「電池も不要、言葉の壁もない、暴力への反撃手段として簡単で有効な道具だ。アジア系に限らず、誰でも危険な状況に備えて持っていて欲しい」と語った。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。