アジア系への憎悪犯罪対策にホイッスル 中華街で老人を中心に100個以上配布<マンハッタン>

パンデミック以来、アジア系住民への暴力事件が急増したことを背景に先月24日、アジア地域団体が中華街のシニアセンターで黄色いホイッスルを100個以上配布した。同日付PIX11が伝えた。希望と春の水仙を象徴する黄色いホイッスルには、“We Belong”の文字を印刷した。危険な状況で吹いて助けを呼べるよう、すでに全米で25万個以上が配られている。同地域団体の設立者は、「電池も不要、言葉の壁もない、暴力への反撃手段として簡単で有効な道具だ。アジア系に限らず、誰でも危険な状況に備えて持っていて欲しい」と語った。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。