ジョージ・フロイド像の顔にペンキ 破損行為に地域住民は遺憾の意<ブルックリン>

先月24日、ジューンティーンスを祝いブルックリン区のフラットブッシュに設置されたジョージ・フロイド像がスプレーペンキで黒く塗られているのが発見された。同日付NBCニューヨークが伝えた。台座部分に白人至上主義グループと見られる集団名が書かれており、NYPDは容疑者4人の映像を公開し憎悪犯罪として捜査を開始、市は像の復元作業に取り組んでいる。また、ニュージャージー州のニューアーク市役所でも同日、同じ集団によってフロイド氏のブロンズ像の顔が黒くペンキで塗られる被害を受けた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。