刑務所の独房監禁を廃止 ニューヨーク市矯正局が満場一致で採決<マンハッタン>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は、市内の刑務所における独房監禁を廃止すると発表した。8日付FOXニューヨークが伝えた。1日20時間〜24時間に及ぶ独房監禁は、服役囚の精神や肉体に著しい損害を与えるリスクがあることが認識されており、収監者とスタッフにとって、安全でより人道的なシステムへと移行する。秋から施行される新しい規律には、1日最低10時間は独房外で過ごす、最低でも1人の人と交流することなどが含まれる。16歳〜21歳、また精神病の人の独房への収監は、数年前に既に取り止められている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。