1877年からの伝統あるドックショー ペキニーズの「ワサビ」が王者の座に<ウエストチェスター>

第145回「ウェストミンスター・ケネル・クラブ・ドッグショー」の決勝が13日に開催され、3歳のペキニーズの「ワサビ」が優勝した。同日付NBCニューヨークが伝えた。母親犬「スシ」にちなんで名付けられた「ワサビ」は、エントリーした2500頭の純血種の頂点に立った。ショーで愛玩犬の優勝は5回目となる。2位にはウィペットの「バーボン」が続いた。パンデミックのため、2月から6月に延期されたショーは、マディソン・スクエア・ガーデンから郊外タリータウンの大邸宅、リンドハーストへ場所を移して無観客で行われた。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。