日本のコーヒーチェーン上陸 品質志向が高まるアメリカに第一号店<ブルックリン>

京都に拠点を置くコーヒーチェーン店、「% Arabica」(% アラビカ)が11日、ブルックリン区のダンボ地区にスタイリッシュな内装と高級エスプレッソマシンを備えて開店した。10日付イーターNYが伝えた。世界に87店舗を展開するオーナーの東海林克範氏は豆のフレッシュさに専念することで、他のサードウエーブのコーヒー店との差別化を図る。コーヒー豆は焙煎後すぐに酸化が始まり、最高の味と香りを維持できるのは1週間ほど。店では客が選んだ生豆をスタッフがその場で好みに合わせ、カスタム焙煎して販売する。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。