恒例「トライベッカ・フェスティバル」 観客を動員して20日まで開催<マンハッタン>

パンデミック以来、北米初の観客動員の映画祭となる「トライベッカ・フェスティバル」が9日開幕した。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。オープニングに、同名のミュージカルを映画化した『イン・ザ・ハイツ』が市内13カ所の特設会場で同時上映された。米同時多発テロの翌年に復興を目指し始まった映画祭について、共同創立者兼CEOのジェーン・ローゼンタール氏は、「人々を結束させるために始めた使命を、今年再び果たしたい」と語った。期間中、野外大型LEDのスクリーンで200回以上の上映があり、10万人の観客が予想されている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。