巨大な動物の頭蓋骨が漂着 ネット上でさまざまな憶測が飛び交う<ニュージャージー>

メモリアルデーの先月31日、ニュージャージー州バークレー郡区にあるアイランドビーチ州立公園の砂浜に、巨大な動物の頭蓋骨が打ち上げられた。2日付PIX11が伝えた。州立公園警官が嵐の後に発見した、その警官の腰の高さほどもあるくちばしのような形のものがついた頭蓋骨の写真を、1日に同公園がFacebookページに投稿。フォロワーにそれが何なのか推測を求めたところ、クジラや翼手竜などさまざまな意見が飛び交った。ニュージャージー州環境保護局は翌2日、それはミンククジラの下顎と頭蓋骨であると確認したと発表した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。