ワシントン・スクエア・パークで衝突 午後10時の閉園後に23人を逮捕<マンハッタン>

ワシントン・スクエア・パークに週末午後10時以降の外出禁止令が出てから最初の土曜日となった5日夜、警官と群衆の間で衝突が起き、23人が逮捕された。6日付NBCニューヨークが伝えた。近隣住民から深夜の騒音や問題行為などの苦情を受けた後、NYPDとNYCパークスは週末の閉園時間を通常より2時間早めた。午後10時頃、動員された何百人もの警官が園内からの退去を求めると、人々が瓶を投げるなど緊張が高まった。NYPDによると、警官8人が軽傷、逮捕者の多くは治安びん乱行為で告発され、出廷命令書が出された。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。