一編のエッセーで大学20校に合格 自身のぬいぐるみと人種差別問題重ねる <ニュージャージー>

ニュージャージー州の高校生、クリス・バッチャーさんは、アイビーリーグ6校を含む大学20校に合格した。先月27日付ABC7ニューヨークが伝えた。合格への架け橋となったエッセーには、自らの人種を受け入れることに苦悩していたバッチャーさんが、幼少期から大切にしている古い犬のぬいぐるみの価値を引き合いに出して、外見で本質の判断はできないと、黒人であることを受け入れられた経過が綴られた。高校で黒人学生会を立ち上げ、秋からプリンストン大学で分子生物学を学ぶことを決めたバッチャーさんは、医者になることを目指すという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1109

夏のアートを体験しよう!

さまざまなアートを身近に触れられる芸術の街、ニューヨーク。話題のゴッホ展をはじめ、いよいよ全面オープンとなった市内の美術館でも、夏に向けてさまざまな展示会が始まっている。この夏はアートを存分に満喫しよう!

Vol. 1108

知っておきたい 大学進学への心得  日本編

米国からの帰国生が大学受験において知っておくべきことはなんだろうか? 先週号に引き続き大学の進学事情をお届けする今週号では、海外から日本の大学を受験するための基礎知識と基本最新情報を徹底解剖する。

Vol. 1107

知っておきたい 大学進学への心得  米国編

子供を持つ家庭において教育課程の最難関ともいえる大学進学。そこで、これから大学進学を控える親子が知っておくべき基礎知識と最新情報を、米国編と日本編の2回に分けて特集する。今号は、米国の大学にまつわる受験事情をご紹介!

Vol. 1106

フレキシタリアンのすすめ

昨今にわかに注目を浴びる「フレキシタリアン」ダイエット。一体どんなメリットがあり、どう実践したらいいのか? 今号ではフレキシタリアンの考え方をうまく自分の食生活に取り入れる方法を紹介する。