市内の銃撃事件が大幅増加 昨年より86%上昇とNYPD発表 <マンハッタン>

NYPDは10日、先週1週間で、8日にタイムズスクエアで4歳の少女ほか3人が負傷した事件を含む36件の銃撃事件が起き、43人の犠牲者が出たと発表。昨年同時期は15件、犠牲者は16人でその数は2倍以上となった。10日付ニューヨークポストが伝えた。市内での銃撃事件の集計は、新型コロナウイルス第1波中に始まり、1年以上上昇傾向にある。4月の発生件数は昨年の約3倍にのぼる。今年は現時点で451件、犠牲者数505人と2020年から86.8%上昇し、2019年の2倍となっている。殺人事件数も146件と昨年の115件から27%増加した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。