市内の銃撃事件が大幅増加 昨年より86%上昇とNYPD発表 <マンハッタン>

NYPDは10日、先週1週間で、8日にタイムズスクエアで4歳の少女ほか3人が負傷した事件を含む36件の銃撃事件が起き、43人の犠牲者が出たと発表。昨年同時期は15件、犠牲者は16人でその数は2倍以上となった。10日付ニューヨークポストが伝えた。市内での銃撃事件の集計は、新型コロナウイルス第1波中に始まり、1年以上上昇傾向にある。4月の発生件数は昨年の約3倍にのぼる。今年は現時点で451件、犠牲者数505人と2020年から86.8%上昇し、2019年の2倍となっている。殺人事件数も146件と昨年の115件から27%増加した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。