800匹以上のカメの赤ちゃん救助 ジャージーショアの排水管で発見 <ニュージャージー>

ジャージーショアの地下排水管から大量のキスイガメの赤ちゃんが救助された。8日付FOXニュースが伝えた。ストックトン大学のフェイスブック投稿によると、これらのカメはふ化した後、冬の寒さを避けて隠れていた。ボランティアが計826匹を救助。1108匹のカメを保護してきた同大学の「ヘッドスタート」プログラムに送られ、約1年間の世話の後、野生に戻される。同大学は、子ガメを見つけたら、カメが登ったりできる石と共に、室温の水を甲羅の高さまで入れることを推奨。元気になったら、夕暮れ時に潮入川や湾岸地域に放すという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。