800匹以上のカメの赤ちゃん救助 ジャージーショアの排水管で発見 <ニュージャージー>

ジャージーショアの地下排水管から大量のキスイガメの赤ちゃんが救助された。8日付FOXニュースが伝えた。ストックトン大学のフェイスブック投稿によると、これらのカメはふ化した後、冬の寒さを避けて隠れていた。ボランティアが計826匹を救助。1108匹のカメを保護してきた同大学の「ヘッドスタート」プログラムに送られ、約1年間の世話の後、野生に戻される。同大学は、子ガメを見つけたら、カメが登ったりできる石と共に、室温の水を甲羅の高さまで入れることを推奨。元気になったら、夕暮れ時に潮入川や湾岸地域に放すという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。