観光客へのワクチン提供を開始 観光地周辺にポップアップ会場を設置<マンハッタン>

ニューヨーク市は6日、観光客誘致のため、観光客へのワクチン提供を開始すると発表した。8日付ABC7ニューヨークが伝えた。今までは市内居住者または就業者のみが対象だったが、州の承認を得て、その対象を市を訪れる人にも拡大した。タイムズスクエアやセントラルパーク、ハイラインなどの観光地に設置された移動式バンや、サンセットパーク、フラッシングメドウズ・コロナパーク、ブルックリンブリッジ・パークの臨時会場で、午後1〜8時の間、1回の接種で済むジョンソン&ジョンソンのワクチンを予約なしで受けられる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。