インディアンポイント永久閉鎖へ 最後の原子炉を停止 <オールバニ>

マンハッタンの北25マイルに位置するインディアンポイント原子力発電所が、先月30日で永久閉鎖された。同日付NY1が伝えた。ニューヨーク市の電力の25%を供給してきた発電所は、60年を経て老朽化、大都市圏に近い立地やテロ標的へのリスクなど、かねてより不安要素が多く、電力会社エンタジー社とニューヨーク州政府は閉鎖の合意に至っていた。代替エネルギーに天然ガスの燃焼があげられるが、州の「クリーンエネルギー基準」は、2040年までに脱炭素化で100%の電力供給をすることを義務付けており、課題も横たわる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。