ニューヨークのランドマーク エンパイア・ステートビルが90歳に <マンハッタン>

エンパイア・ステートビルが1日、90周年を迎え、白色の特別なライトアップで輝いた。同日付CBSニューヨークが伝えた。1931年5月1日に一般に公開された、高さ1454フィートのエンパイア・ステートビルは、1年と45日という驚くべき早さで完成された。この日、点灯セレモニーを行ったニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は、「このビルはニューヨーク市が復活する姿を見守っている。ライトアップの光は私達を奮い立たせ、元気づけてくれる」と述べ、街の希望の象徴である同ビルを祝った。

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。