ハドソン川でタツノオトシゴを発見 ニューヨークに春の訪れを告げる<マンハッタン>

ロウアーマンハッタン地区のピア40で7日、カキ用のカゴにしがみついているタツノオトシゴを、ハドソンリバーパークの係員が見つけた。18日付ゴッサミストが伝えた。同パークによると、ピア40は野生生物の観察地点であり、水温が上がる初春〜初秋に、毎年10〜15匹ほどのタツノオトシゴが観察される。タツノオトシゴは泳ぎが上手でないため、流されないように何かにしがみついているという。海水が流れ込む同地区の入り江は、他にもヒラメやカレイ、ホウボウなど、70種以上の水生生物のすみかとなっている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。