ハドソン川でタツノオトシゴを発見 ニューヨークに春の訪れを告げる<マンハッタン>

ロウアーマンハッタン地区のピア40で7日、カキ用のカゴにしがみついているタツノオトシゴを、ハドソンリバーパークの係員が見つけた。18日付ゴッサミストが伝えた。同パークによると、ピア40は野生生物の観察地点であり、水温が上がる初春〜初秋に、毎年10〜15匹ほどのタツノオトシゴが観察される。タツノオトシゴは泳ぎが上手でないため、流されないように何かにしがみついているという。海水が流れ込む同地区の入り江は、他にもヒラメやカレイ、ホウボウなど、70種以上の水生生物のすみかとなっている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1103

奥深い中国茶の世界

今ひそかにブームとなっている中国茶。お茶の発祥の地、中国で生まれた奥深い中国茶を知って、さまざまな香りや味、飲み方を楽しめる魅惑的なお茶の世界を旅してみよう。

Vol. 1102

本格的に春が到来 NY近郊の桜スポット!

長い冬が終わり、心も軽やか。街の至るところで見頃を迎えている桜はもちろん、市内やニューヨーク州近郊の春の花々が楽しめるスポットを紹介する。

Vol. 1101

一味違う! アカデミー賞
今月25日に開催される、「第93回 アカデミー賞授賞式」。新型コロナウイルスの影響で、同授賞式も例年と異なる形で開催される予定だ。俳優のスピーチや衣装など、何かと話題になる同授賞式の見どころを、徹底紹介していく。

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。