電動スクーターのレンタルサービスを開始 2023年には他区にも拡大予定 <ブロンクス>

運輸局は14日、電動スクーターのシェアリングサービスを、ブロンクス区北東部で今夏に開始すると発表した。同日付デイリーニュースが伝えた。昨年、マンハッタン区外でのレンタルサービスを許可する州法が成立。プログラムには、テック企業のBird、Lime、Veoが参加する。スクーターはアプリで解錠し、最高速度は時速15マイル。レンタル料は解錠時に1ドル、1分あたりの利用料がVeoとBirdが39セント、Limeは30セントかかる。2022年夏には対象エリアを南に拡大する。マンハッタン区以外の他区への展開は早くても23年以降になる。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1245

春到来! 週末のプチお出かけ 〜ハドソン川流域・キャッツキル山麓編〜

桜の花も満開を迎え春の行楽シーズンがやって来た。ニューヨーク市内から日帰りできるハドソン川流域・キャッツキル山麓の人気のスポットを紹介しよう。

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。