NYPD「警察犬」ロボットの動画 再生回数が800万回を超える <マンハッタン>

12日、マンハッタン区キップスベイの公共住宅で起きた家庭内暴力事件で、警官と共に現れたロボットを撮影した動画が再生回数800万回を超え、ネット上で話題となった。14日付パッチが伝えた。現在まだ試用段階で、ブロンクスでの住宅侵入事件などにも出動したこの「デジドッグ」は、ボストン・ダイナミクス社製で重さ約32kg、値段は7万4000ドル。カメラや照明、双方向通信システムを備え、暗闇の中でもリアルタイムで状況を確認できる。しかし「不気味だ」という声や、価格やプライバシーなどの点でその必要性を疑問視する人も多い。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。