マーフィー知事が新たな銃規制提唱 大統領の銃規制強化方針に呼応<ニュージャージー>

ニュージャージー州のフィル・マーフィー知事は15日、ニューアークで行われた集会で、新しい12の銃規制対策を提唱した。同日付NBCニューヨークが伝えた。同州は既に厳しい銃規制があることで知られている。新規制案には、銃暴力介入プログラムへの1000万ドルの予算、銃器所持許可証申請での安全講座の合格義務付けなどが含まれる。新規制案はおおむね、民主党主導の州議会の賛成を得たほか、銃規制強化を求める地元各種団体にも歓迎された。同知事は今年行われる知事選への出馬を予定している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。