NYPD、市内の落書き一掃に着手 ボランティアがペンキで壁塗り<マンハッタン>

NYPDによる「グラフィティ・クリーンアップ・キャンペーン」が10日、ニューヨーク市で始まった。同日付ABC7ニューヨークが伝えた。昨年1年間で、NYPDに6000件を超える落書きの苦情が寄せられていた。ボランティアは、届けが出された場所へ出向き、地元企業が寄付したペンキで落書きを塗り消す作業を行なった。ダーモット・シェアNYPD本部長は、ボランティアや警察官ら全ての参加者に感謝の意を表した。NYPDは、「この取り組みは、捜査目的での落書きの識別にも、街並みの改善にも共に有益だ」と述べている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1103

奥深い中国茶の世界

今ひそかにブームとなっている中国茶。お茶の発祥の地、中国で生まれた奥深い中国茶を知って、さまざまな香りや味、飲み方を楽しめる魅惑的なお茶の世界を旅してみよう。

Vol. 1102

本格的に春が到来 NY近郊の桜スポット!

長い冬が終わり、心も軽やか。街の至るところで見頃を迎えている桜はもちろん、市内やニューヨーク州近郊の春の花々が楽しめるスポットを紹介する。

Vol. 1101

一味違う! アカデミー賞
今月25日に開催される、「第93回 アカデミー賞授賞式」。新型コロナウイルスの影響で、同授賞式も例年と異なる形で開催される予定だ。俳優のスピーチや衣装など、何かと話題になる同授賞式の見どころを、徹底紹介していく。

Vol. 1100

今こそ学ぶ 日本人と米国の歴史

世界中から移民が集まる米国は日本と異なり、まだまだ歴史が浅い若い国だ。日本の先駆者たちが海をわたり、文化や社会の違いを学び、日本の発展に貢献した。しかし私たちは、その歴史をほとんど知らないまま米国に住んでいる。今号では、そういった歴史の一部を紹介していく。