ペン駅周辺に高層ビル建設計画 反対派議員らは議論を求め書簡送付<マンハッタン>

1月にオープンしたモイニハン駅ホールに続き、ペン駅近くにエンパイア・ステートビル並みの高層ビル「PENN 15」を計画している。4日付NBCニューヨークが伝えた。これは、ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事が進める、再開発計画「エンパイア・ステーション・コンプレックス」の一環で、2038年までに高層ビル10棟の完成を予定。費用13億ドルは、1日の予算案期限までに州議会の同意が得られず、反対派議員たちは議論のために延期を求める書簡を先月26日に知事宛に送っている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。