アート&娯楽系会場が営業開始 ブロードウェーは9月ごろの再開を予定 <マンハッタン>

昨年3月より閉鎖していたアートやエンターテインメント施設が2日、営業を再開した。3日付ABCニューヨーク7が伝えた。「ザ・シェッド」では、シンガー&チェリストのケルシー・ルー、「ゴッサム・コメディークラブ」には、ジェリー・サインフェルドが登場し、ファンの喝采を浴びた。新たな規制では、屋内100人、屋外500人を上限に定員の33%に入場者数を制限。主催者が観客の新型コロナ検査陰性を求める場合は、各150人、500人に引き上げられる。ブロードウェーの劇場・組合などは、制限入場者数では採算がとれないため、9月ごろの再開を予定している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。