交通労働者を支持 利用客への罰則を強化 <マンハッタン>

全米運輸労組ローカル100は、交通機関の労働者に唾を吐いた場合の罰則を強化するよう、ニューヨーク州議会に働き掛けている。4日付ゴッサミストが伝えた。

同組合は、交通機関の労働者に唾を吐いた場合の扱いを、違反から軽犯罪に引き上げる案を可決するよう求めており、可決すれば最長1年の懲役刑の対象となる。これは、交通機関の労働者が勤務中に受ける暴行が増加しており、勤務中にウイルスに感染することに対する恐怖が継続していることが背景にある。

2019年にはMTAの労働者に対して、212件の唾を吐く事件が報告された。乗車率が80%を下回っていた20年にも197件、今年始めから現在までに17件報告されている。

同法案が可決されれば、MTA労働者は唾を吐いた加害者を告発することができるようになる。現在、ニューヨーク市内5区の地方検事が同法案を支持しており、法案成立に向けた追い風となっている。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。