一風変わったゴッホ展 市内で6月から開催 <マンハッタン>

世界的に評判となっている没入型デジタルアート展「イマーシブ・ヴァン・ゴッホ」が、ニューヨーク市内で6月10日(木)から開催されることになった。会場は未定。先月25日付amニューヨークが伝えた。

「星月夜」、「ひまわり」など、ゴッホの代表作が最先端のテクノロジーを使用したアニメーションとなり、広い会場に大きく映し出され、観客は作品世界を歩き回るという試み。展示には、イタリアのデジタルアートの巨匠、マッシミリアーノ・シカルディ氏が芸術監督を務めている。

この展示は、トロントとシカゴでチケットがすでに完売しており、3月にサンフランシスコ、5月にはロサンゼルスで開催される予定。ロサンゼルスでは、発売してから1週間で、8万枚以上のチケットを売り上げたという。

ニューヨークでのチケット価格は39・99ドルからで、先月26日から発売されている。鑑賞に要する時間は約1時間。時間を区切っての入場制限など、新型コロナ対策を行った上で開催される。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1244

オーェックしよ

コロナ禍で飲食店の入れ替わりが激しかったニューヨーク。パン屋においても新店が続々とオープンしている最近、こだわりのサワードウ生地のパンや個性的なクロワッサン、日本スタイルのサンドイッチなどが話題だ。今号では、2022年から今年にかけてオープンした注目のベーカリーを一挙紹介。

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。