センチュリー21 コロナで閉鎖後に復活 <マンハッタン>

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は先月24日、記者会見で大手デパートチェーン「センチュリー21」の復活を明らかにした。同日付amニューヨークが伝えた。

同店は1961年にブルックリン区ベイリッジ出身のソニー・ジンディ氏と、いとこのアル・ジンディ氏が創業。現在はジンディ家の息子のレイモンド氏とアイザック氏らによる家族経営で、全米に13店舗を展開し、マンハッタンに本社を置くまでに成長した。

しかし昨年9月、新型コロナによる影響で破産を申請。ニューヨーク、ニュージャージー、ペンシルべニア、フロリダの11店舗の清算を計画していた。

同市長の会見には、同店のマーク・ベニテス代表も出席。顧客のために新たなマイルストーンを達成すると約束した。再オープンについての詳細は不明。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。