地元製造チーズに菌 FDAがリコール発表 <ニュージャージー>

ニュージャージー州パサイック郡で製造されているチーズからリステリア菌が見つかり、連邦食品医薬品局(FDA)が調査を行っている。先月25日付パッチが伝えた。

リステリア菌が見つかったのは、同郡パターソンの「エル・アブエリト・チーズ社」の製品。先月19日に製品を店頭から回収し、製造を停止している。

コネティカット州の保健当局が、同州の住民の入院と食品汚染との関連について調査を開始したのをきっかけに、メリーランド州、ニューヨーク州、バージニア州でもリステリア菌への感染が確認され、計10人が発症、入院患者は9人となっている。

FDAは、アブエリト・チーズに加え、リオグランデとリオリンド銘柄のチーズもリステリア菌汚染に関連しているため、これら3社のチーズの販売や購入を避けるよう呼び掛けた。

リステリア菌は、免疫機能が弱い幼児や高齢者、妊婦などに対して、重篤な、時には致命的な感染症を引き起こす可能性のある細菌である。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。