強盗と格闘で4人死傷 容疑者の男を逮捕 <ブルックリン>

NYPDは先月28日、ブルックリン区サンセットパークの違法賭博場で起きた強盗未遂の間に、46歳の男性を殺害し、他3人を刺したとされる45歳の男を、殺人、強盗、暴行容疑で逮捕したと発表した。1日付NBCニューヨークが伝えた。

先月26日午後9時30分ごろ、犠牲者のうち3人が同地区の歩道で横たわっているのが発見された。

警察の情報筋によると、容疑者グループが賭博場に押し入って現金と携帯電話を奪い、逃走を試みたところ、賭博場経営者らが反撃したという。

容疑者らと被害者の争いを止めようとした男性1人は、搬送先の病院で死亡。さらに、39歳と42歳の男性が刺されて入院したが、命に別状はなく安定している。4人目の男性は、現場で傷の治療を受けた。

警察は、容疑者らがどのようにしてこの賭博場の存在を知ったのかを捜査中。同地区は「ブルックリン区のチャイナタウン」として知られているが、同事件がアジア系コミュニティーに対する襲撃の急増と関連しているという証拠は見つかっていない。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。