プライドマーチ今年のテーマを発表 <マンハッタン>

ニューヨーク市のプライドイベントを企画・制作している非営利団体「NYCプライド」が、今年の公式テーマは「戦いは続く」と発表した。先月25日付ABC7ニューヨークが伝えた。

「NYCプライド2021」のイベントは、6月のプライド月間に開催される。主要なイベント、プライドマーチが6月27日(日)にバーチャルや対面形式で構成される予定。また6月25日(金)には、さまざまな講演者や活動家が参加する、「ザ・ラリー」が開催される。昨年見送られた「プライドフェス」や「プライド・アイランド」も、今年は開催が予定している。詳細は後日発表。

NYCプライドはまた、今年のビジュアルキャンペーンも発表し、写真家のケイト・オッペルマンが撮影した同キャンペーンには、ジア・ラブ、ホセ・トーマス、G・エクストラバガンザ、クリシュナ・ストーン、リード・ジェファーソンなど、多くのクィア、トランス、BIPOC(有色人種)のメンバーなどが登場している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。