トランプホテル取り壊し 40年の歴史に幕 <ニュージャージー>

ニュージャージー州アトランティックシティーで17日、トランプ前大統領がかつて保有していた「トランプ・プラザ・ホテル・アンド・カジノ」が爆破により解体され、約40年の歴史の幕を閉じた。同日付CNNが伝えた。

1984年開業の同施設は一時、同氏の不動産事業の中心的な存在だった。だが経済不況により、2014年に閉鎖。当局が解体を要請していた。現在の所有者は著名投資家のカール・アイカーン氏で、今後の開発計画は発表されていない。

当日の爆破を見物するために多くの人々が集まり、付近のホテルでは、爆破見物の「特等席」を用意するプランも販売された。

34階建ての同建物の解体には、約3000個のダイナマイトを使用。解体はわずか数秒で終了した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。