飲酒運転で逮捕 人気歌手、出演CMも中止に <ニュージャージー>

 国立公園局は10日、歌手のブルース・スプリングスティーン容疑者(71)が、飲酒および無謀運転で逮捕されていたことを明らかにした。同日付ニューヨーク・ポストが伝えた。

 同局によると、同容疑者は昨年1114日、ニュージャージー州サンディフックのゲートウェイ国立保養地で逮捕され、飲酒運転および無謀運転、公共区域での飲酒の容疑で起訴された。

 情報筋がアズベリー・パーク・プレスに語ったところによると、同容疑者の血中アルコール濃度は0・02%で、同州の法廷制限値0・08%を下回っていた。

 逮捕のニュースは、同容疑者が出演とナレーションを担当した、自動車会社「ジープ」のスーパーボウル用のテレビCMが流れた数日後に発表された。同広告はその後、同社の動画サイトから削除されている。

 同社の広報担当者は、現段階でのコメントは不適切としながらも、「事実が判明するまでビッグゲームの広告を一時保留するのも正しいことです」と述べ、「飲酒運転は決して許されない」と声明を発表した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。