偽造マスクを押収 倉庫から170万枚以上 <クイーンズ>

 クイーンズ区地方検事局は11日、同区ロング・アイランド・シティーの倉庫から、170万枚以上の偽造N95マスクを押収し、33歳の男1人を商標偽造の重罪容疑で逮捕したと発表した。新型コロナウイルスの大流行が始まって以来、最大の偽造防護具の摘発とみられている。11日付パッチが伝えた。

 通報を受けた警察が同地区の倉庫に向かったところ、偽造マスクの箱が積み上げられていたという。2階建ての倉庫からは、ブランド品と見られる手指消毒剤のボトル、消毒用ワイプの箱、子供用マスク、作業用マスク、防護服も大量に発見された。捜査当局はこれらの品物の真偽を確認する作業を続けている。

 当局は、「市販価格の2倍以上の値段でN95マスクが販売されている」と通報を受けて摘発にいたったもので、同マスクの製造業者「3M」が製造番号を確認し、偽造品と判明した。

 逮捕された男はブルックリン区ダイカーハイツ在住で、有罪となった場合は、最長15年の懲役が科せられるという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。