アジア系への差別増加 新型コロナが原因 <マンハッタン>

 アジア系アメリカ人弁護士会ニューヨーク支部(AABANY)は、新型コロナウイルス大流行下のニューヨーク市内で、アジア系住民に対する差別や暴力が増えていると述べた報告書を発表した。12日付NBCニューヨークが伝えた。

 報告書によると、2001年の同時多発テロの後やドナルド・トランプ氏が大統領に選出された後、アジア系や中東系に対する嫌がらせや暴力事件が急増した。だがコロナ禍においては、憎悪の対象が主に東アジア人に向けられており、公式と非公式の両方の報告で暴力事件が急増しているという。

 全米では昨年3〜9月までの間に、新型コロナに関連した反アジア憎悪事件の報告が2500件以上あり、実際の数はさらに多いとみられている。市内では昨年末時点で、反アジア憎悪事件が259件報告されており、その大半は言葉による嫌がらせだが、身体的暴力や唾を吐くなどの行為も多い。さらに市内では、米国の他の都市に比べて、配車サービスを含む交通機関での差別が多いという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。