顔面と両手の移植に成功 NYUで医療チームが手術 <ニュージャージー>

 ニュージャージー州クラーク在住の男性が、NYUラングーン・ヘルスで顔面と両手の移植手術を受け、成功した。3日付ABC7ニューヨークが伝えた。

 ジョー・ディメオさん(22)は2018年7月、帰宅途中の居眠り運転による交通事故で全身に80%以上の火傷を負った。

 ディメオさんは同年8月12日、23時間にわたる手術を受け、その後、およそ20回の再建手術を受けた。しかし指先を切断し、重度のケロイドで唇やまぶたを失うなど、視力や日常生活に著しい影響が残った。

 同病院の形成外科部長で再建形成外科医のヘレン・キンメル教授らが率いる外科医、看護師など140人以上の医療専門家チームが再建手術に当たった。

 ディメオさんは事故の影響で免疫系統が非常に敏感になったことで、適合するドナーが見付かる可能性はわずか6%だった。だが臓器提供プログラム「ギフト・オブ・ライフ」が適合ドナーを特定。ディメオさんは術後、軽いウェイトトレーニングを始め、ゴルフスイングの練習を再開するまで回復した。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。