希少なフクロウが出現 セントラルパークに人集まる <マンハッタン>

マンハッタン区のセントラルパークに先月27日、珍しいシロフクロウが訪れ、ベテランのバードウォッチャーや市民を喜ばせた。同日付ゴッサミストが伝えた。

同公園の北部にあるフェンスで囲まれた野球場で同日午前9時ごろ、若いシロフクロウが目撃され、その姿を一目見ようと、100人近くの人が集まった。

この鳥は北極圏のツンドラに生息しているが、冬の間に南下することで知られている。通常は空港や海岸など、生息地に似た場所で狩りや休息のために留まるという。

「マンハッタン・バード・アラート」のデビッド・バレッド氏は、「このシロフクロウは野球場のフィールドをビーチの砂と間違えた」と見ていると述べ、「普通はマンハッタンの真上を通り過ぎる傾向がある。これは歴史的な出来事」と語った。

野鳥保護団体「ニューヨーク・シティー・オーデュボン」のケリー・ローゼンハイム氏によると、シロフクロウはエサが見つかり邪魔が入らなければ、2月または3月まで留まる可能性があるという。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。