公立学校の入学数が減少 コロナで4万3000人失う <マンハッタン>

ニューヨーク市教育局が発表した予備的な入学者数データによると、2020〜21年度の市の公立学校で、生徒数がおよそ4万3000人減少していることが分かった。先月27日付パッチが伝えた。

教育関係者は、「学校年度の入学者数は最終的におよそ96万人となり、前年から4%減少するだろう」と語った。

同局によると、入学者数の低下は市内全体の出生率の長期的な低下に結びついているという。しかし、学校やレストラン、公共交通機関に至るまで、市内の施設に大混乱をもたらした新型コロナウイルスが大きな要因である可能性が高いとみている。

同局の広報担当であるケイティ・オハンロン氏は声明の中で、「パンデミックの現状を考慮すると、今年の入学者数に大きな変動が見られるのは当然」と述べた。

義務教育ではない幼児期の就学数の減少は、全体の仲でも顕著な低下を示している。3-KおよびプリKの入学者数はそれぞれ8%、13%減少した。

入学者数のデータはいまだ暫定的なもので、春に最終データが確定する。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。

Vol. 1247

我らのドジャース

大谷翔平選手の一挙手一投足から目が離せない。スポーツ報道でLAドジャースの名前を見ない日はない。5月1日現在の勝率・621でナ・リーグ西部地区トップ。そのドジャースが、5月末には対NYメッツとの3連戦、6月には対NYヤンキースとの交流戦で当地にやって来る。NYジャピオン読者としては憎き敵軍なるも大谷選手の活躍に胸が熱くなる複雑な心境。だが、LAドジャースの「旧姓」はブルックリン。昔はニューヨークのチームだったのだ。

Vol. 1246

人気沸ピックルボールを楽しもう

あちこちに花も咲き乱れ、4月に入りニューヨークにも春が到来した。本号ではこれからの季節、屋外でも楽しめるピックルボールを紹介する。テニスよりも狭いスペースで出来るピックルボールはここ数年、ニューヨークでも人気だ。