議事堂乱入で逮捕 極右団体とDCへ <アップステート>

ニューヨーク州ロックランド郡出身の男が20日夕方、今月6日に起きた米連邦議会議事堂への事件に関連して、ニューヨーク市内の自宅でFBIに逮捕された。21日付NBCニューヨークが伝えた。

裁判文書によると、逮捕されたクリストファー・ケリー容疑者は、元NYPD警官の兄や極右団体「プラウド・ボーイズ」のメンバー数人と共にワシントンDCへ行ったとされる。

容疑者は、議事堂乱入の様子について、「突入した」などのメッセージと、議事堂内にいると見られる写真をSNSに投稿。匿名の情報源がそれらを当局に提供したことを受け、容疑者のSNSアカウントに対して逮捕状が出された。

刑事告訴状によると、同容疑者は議事進行妨害、不法侵入、暴力的侵入、治安びん乱行為の罪に問われている。同容疑者は21日午後、同州ホワイトプレーンズの連邦地方裁判所にオンラインで出頭した。

また、21日に起訴されたニュージャージー州南部出身の32歳の男や、拘留中のブルックリン在住の43歳の男など、SNSを駆使した参加者が後を絶たない。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1243

お引越し

新年度スタートの今頃から初夏にかけては帰国や転勤、子供の独立などさまざまな引越しが街中で繰り広げられる。一方で、米国での引越しには、遅延、破損などトラブルがつきもの、とも言われる。話題の米系業者への独占取材をはじめ、安心して引越しするための「すぐに役立つ」アドバイスや心得をまとめた。

Vol. 1240

今年のセントパトリックデーはイル文化を探索しよう

3月17日(土)のセントパトリックデー(Saint Patrick’s Day。以下:聖パトリックデー)が近づくとニューヨークの街中が緑色の装飾で活気づく。一足先に春の芽吹きを感じさせるこの記念日は、アイルランドの血を引く人にとっては「盆暮れ」と同じくらい大事。大人も子供も大はしゃぎでパレード見物やアイリッシュパブに出かける。聖パトリックデーとアイルランド魂の真髄を紹介する。