町長に麻薬容疑逮捕から7週間で辞任 <アップステート>

19日、麻薬所持で逮捕されたニューヨーク州セントローレンス郡マセナ町の町長が、逮捕から7週間後に辞任を発表した。20日付NBCニューヨークが伝えた。

同町の町長で元警察署長のティム・カリアー被告(55)は昨年12月1日、規制薬物の所持、証拠の改ざん、公務執行妨害などの容疑で起訴された。

警察によると、同被告は警察に逮捕される際、1グラムのクラック・コカインを移動中の自分の車の窓から投げ捨てたという。

同被告は辞任発表の声明の中で、「現在治療中のため休職しており、辞任は2月1日に発効する」と述べた。裁判所書記官によると、同被告は12月の罪状認否で無罪の申し立てを行い、3月15日に法廷に出廷する予定だという。

同被告は、カナダとの国境近くにある同町で20年以上警察署長を務めた後、2014年に町長に選出され、18年に再選している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1237

NYCで注目のハイエンドなコリアンレストラン

近年、ニューヨークのミシュランガイドを賑わすようになったコリアンレストラン。ミシュランのみならず、ファインダイニングと呼ばれるハイエンドでモダンなスタイルのものが増えている。韓国のエンタメ人気も後押しし、勢いを増すコリアンレストランをレポートする。

 

Vol. 1236

バレンタインに素敵な花を贈ろう

もうすぐバレンタインデー! 米国では男性から女性に花を贈るのが一般的。どのような花を贈ったらパートナーに喜んでもらえるのか、好みの花や色をおさえつつおしゃれで美しい花を選びたいもの。本号では抜群のセンスを放つフラワーショップやバレンタインデー限定メニューなどを紹介する。

Vol. 1234

ヨークの中の

2024年はパリ・オリンピックの年。開催までには半年あるが、今週はニューヨークでパリを体感できる場所やグルメスポットを紹介。併せて今から動向をチェックしておきたいフランス出身の選手に注目する。