町長に麻薬容疑逮捕から7週間で辞任 <アップステート>

19日、麻薬所持で逮捕されたニューヨーク州セントローレンス郡マセナ町の町長が、逮捕から7週間後に辞任を発表した。20日付NBCニューヨークが伝えた。

同町の町長で元警察署長のティム・カリアー被告(55)は昨年12月1日、規制薬物の所持、証拠の改ざん、公務執行妨害などの容疑で起訴された。

警察によると、同被告は警察に逮捕される際、1グラムのクラック・コカインを移動中の自分の車の窓から投げ捨てたという。

同被告は辞任発表の声明の中で、「現在治療中のため休職しており、辞任は2月1日に発効する」と述べた。裁判所書記官によると、同被告は12月の罪状認否で無罪の申し立てを行い、3月15日に法廷に出廷する予定だという。

同被告は、カナダとの国境近くにある同町で20年以上警察署長を務めた後、2014年に町長に選出され、18年に再選している。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1250

ダウンタウンブルックリンの魅力

ウィリアムズバーグ地区やグリーンポイント地区、ダンボ地区など、ブルックリン区の有名地域に続いて近年開発が進んでいるのがダウンタウンブルックリン地区だ。高層コンドの建築が進むなか、大学や独立系のショップもあり、ローカル感も楽しめる人気のエリアだ。

Vol. 1248

この春はちょっと贅沢なピクニックを体験しよう

ようやく気温も安定してきた5月。晴れた日は芝生の上でピクニックするのが気持ちいい季節。ピクニックといえども時には一つおしゃれに盛り上げたいもの。ここ2、3年で急成長しているピクニックビジネスの実態を覗いてみた。ランチやスナックを用意して、さぁ公園へいこう。